当サイトを最適な状態で閲覧していただくにはブラウザのJavaScriptを有効にしてご利用下さい。
JavaScriptを無効のままご覧いただいた場合には一部機能がご利用頂けない場合や正しい情報を取得できない場合がございます。
お問い合わせ

information

最新情報

最新情報

information

最新情報

Topics

現場レポート

熱中症対策

企画工務部の藤川です。

今年の8月も35℃以上の猛暑日が続き、熱中症という言葉を目にすることが増えてきます。
工事現場では特に熱中症の危険が高く、場合によっては重症化するケースもあります。

特に現在はコロナ対策としてマスクの着用が必須となるので、
現場管理において、熱中症にはいつも以上に十分な対策を講ずる必要があります。

工事現場で私たち建設会社が行っている熱中症対策として、主に以下の取り組みが挙げられます。

・こまめな水分補給。
・朝礼・昼礼時の現場作業員の方の検温をはじめとする体調確認。
・大型扇風機等の通気を促す空調機器の設置。
・日陰となる休憩所の設置。

他に現場独自に実施している例としましては、

現場事務所と休憩所に経口補水液を常備し、作業員の方がいつでも飲めるようにしています。

冷却スプレーを特に屋外で作業に当たる職人に提供、または休憩所等に設置し、必要に応じて使用してもらい、作業で高まった体温のクールダウンをお願いしてます。

塩飴を常備し、水分だけでなく塩分も適切に摂取できるようにしています。

有澤建設の現場係員にはファン付き空調服の他、ヘルメットに着用する清涼ファンを会社から全員に配布し、装具の面でも熱中症対策の徹底を行っています。

最後に
9月も残暑が厳しく猛暑日が続く予報が出ており、8月が終わっても熱中症のリスクは高いままです。
暦の上では夏は終わりますが、決して気を緩めることなく、これからも十分な熱中症対策を実施し、安全第一で作業に臨んでいきます。

Contact

お問い合わせ

お気軽にご相談・
お問い合わせください。

TEL 092-433-1811 
受付時間:平日 8:30〜17:30

Contact