当サイトを最適な状態で閲覧していただくにはブラウザのJavaScriptを有効にしてご利用下さい。
JavaScriptを無効のままご覧いただいた場合には一部機能がご利用頂けない場合や正しい情報を取得できない場合がございます。
お問い合わせ

information

最新情報

最新情報

information

最新情報

Topics

スタッフ日記

城南高校生のフィールドスタディ

先日12月11日福岡市城南区にある城南高校の生徒さん10名を受入れ、授業の一環としてフィールドスタディ(職場体験)を行いました。

自己紹介が終わったあたり。和んだ雰囲気に乗じてピース頂きました。

事前に10名の生徒さんが2グループに分かれ、以下2つの難問に挑んでいただき、研究を重ねたものを当日発表頂きました。
・10年後の建築業はどうなっているか?
・ 50年後、100年後も福岡が住みやすく魅力的な街であり続けるための、より環境に配慮した新しい建築物スタイルを提案せよ。

生徒さんのプレゼンを聞く前の様子。生徒さんの緊張感がオンラインからも伝わりました。

当初は本社に来ていただき、プレゼンを聞かせて頂くことになっていましたが、新型コロナの感染率が上がってきたこともあり、急きょオンライン会議となりました。
ノートパソコン1台に対し5人がやり取りをするので、非常にやりずらいのではと心配していましたが、紙芝居の要領で画面に1人ずつプレゼン資料を持ってプレゼンを行い、その臨機応変な対応に感動すら覚えました。

生徒一人ひとりに将来についてアンケートを取り、それに合った業種の企業とマッチングさせフィールドスタディ先を決めているため、建設・建築に興味を持っている生徒さんが多く参加されています。
それでも、事前にSDGsの概要や建設業のサプライチェーンを誰に言われるでもなく独自に調べてきておりその積極性にも驚きましたし、興味がある、好きな事を追及することへのエネルギーを思い出すことができました。

建設業のサプライチェーンを紹介。かなりの数の業者さんが携わるので説明も大変。

当社からも企画営業部の藤木取締役、企画工務部から合屋所長、総務部から武藤さん、広報から佐々木の4名が参加し、会社案内、建設業のサプライチェーン紹介、SDGs取組紹介、なぜ勉強するかの座談会を行いました。
事前準備が充分にできなかったことと、急にオンラインでの開催になったことで社内メンバーは狼狽えておりましたが、城南高校の生徒さんが難なく対応し、しっかり3時間集中力切らさずにやれていた様子を見て、本当にいろいろ考えさせられました。

オンラインは初めてだったので、その不安を払拭するために緻密なスケジュールを作成。

高校生のためのフィールドスタディとなっていますが、私たち社会人の社会見学になったかもしれません。城南高校の皆さん それに関わった多くの方々 貴重な機会を頂きありがとうございました。生徒さんの学びに少しでもなれたら幸いです。

最後は時間が足りないぐらいに充実しており、(無理やり?)満足の丸を頂きました

Contact

お問い合わせ

お気軽にご相談・
お問い合わせください。

TEL 092-433-1811 
受付時間:平日 8:30〜17:30

Contact