当サイトを最適な状態で閲覧していただくにはブラウザのJavaScriptを有効にしてご利用下さい。
JavaScriptを無効のままご覧いただいた場合には一部機能がご利用頂けない場合や正しい情報を取得できない場合がございます。
お問い合わせ

information

最新情報

最新情報

information

最新情報

Topics

現場レポート

有澤建設 新社屋途中経過

 

こんにちは。
有澤建設株式会社 工務部の日野です。
12月に入り本格的に寒くなってきましたが
粛々と新社屋工事は進んでいます。
現在杭工事を行っています。
およそ一ヶ月ほどかけて、長さ7m?8mの杭を64本打設します。
   
?
一番最初に設計立会いの下、地質及び地盤の確認を行います。  
   
   
   
?-1  
杭の種類も様々ですので間違いないか受入検査を行います。  
   
   
   
?  
右側の杭打機で穴を掘りその後、セメントミルク,根固め液を流し込みます。
その後左側のレッカーで杭を建て込み再び杭打機にて圧入します。  
   
   
   
?  
これが今回打込む杭です。2種類の杭を現場にて繋いでいます。  
   
   
   
?  
鉛直に打込まれていることを確認しながら行います。  
   
   
杭工事が終わると次は山留工事を行います。
 
山留工事は、基礎工事の間、隣地に影響が出ないように
 
仕切りを入れる工事です。
年内は山留工事まで行う予定です。  

こんにちは。

 

有澤建設株式会社 工務部の日野です。

 

12月に入り本格的に寒くなってきましたが

 

粛々と新社屋工事は進んでいます。

 

 

現在、新社屋では杭工事を行っています。

 

およそ一ヶ月ほどかけて、長さ7m?8mの杭を64本打設していきます。

 

   

 

1512251.JPG

 

一番最初に設計立会いの下、地質及び地盤の確認を行います。  

   

   

 

1512252.JPG 

 

杭の種類も様々ですので間違いないか受入検査を行います。  

   

   

 

1512253.JPG 

 

右側の杭打機で穴を掘りその後、セメントミルク,根固め液を流し込みます。

その後左側のレッカーで杭を建て込み再び杭打機にて圧入します。  

   

   

   

 

1512254.JPG 

 

これが今回打込む杭です。2種類の杭を現場にて繋いでいます。  

   

   

   

 

1512255.JPG

 

鉛直に打込まれていることを確認しながら行います。  

   

   

杭工事が終わると次は山留工事を行います。

 

山留工事は、基礎工事の間、隣地に影響が出ないように

 

仕切りを入れる工事です。

 

年内は山留工事まで行う予定です。  

 

Contact

お問い合わせ

お気軽にご相談・
お問い合わせください。

TEL 092-433-1811 
受付時間:平日 8:30〜17:30

Contact