当サイトを最適な状態で閲覧していただくにはブラウザのJavaScriptを有効にしてご利用下さい。
JavaScriptを無効のままご覧いただいた場合には一部機能がご利用頂けない場合や正しい情報を取得できない場合がございます。
お問い合わせ

information

最新情報

最新情報

information

最新情報

Topics

産学連携プロジェクト

福岡中央高等学校フィールドスタディ

今年7月より地元の高校生を迎えて行っております高校生フィールドスタディですが、4回目を迎えあらためてこの活動の概要を説明したいと思います。

高校生フィールドスタディ概要と目的

全国の高校を対象に、自分たちが住む地域の課題を考えた高校生が地域に根付いた企業を訪問し解決策を探すという、探求型フィールドスタディが授業として行われています。当社はその活動に受入れ企業として昨年より参加しており、今年は地元の高校7校を受入れることとなっております。知識の詰め込みの教育だけではなく、自ら問いを立て課題を解決するために人を巻き込む力を育むことを目的とした授業であり、現在の教育方針が私たちのころより自らが道を切り開くための実践的なものになっていると感じます。

有澤建設の受入れの様子

高校生は事前授業で、地域課題やサプライチェーン、課題解決方法を学んできております。その事前準備を持って当社に企業訪問頂きます。

50ページ以上にのぼる上記のような教材を使って、地域課題をそれぞれが考え解決策まで考える事前授業が行わています。

10月14日開催された、福岡中央高等学校10名の皆さんのケース

13時に福岡中央高等学校1年生の10名の方々が有澤建設にお越し頂きました。建設業に興味を持つ生徒さんが集まったので、それぞれ所属するクラスは別々です。初対面同士、始まりはいつも緊張します。

自己紹介(アイスブレイク):ゲーム形式でお互い自己紹介ができるように毎回工夫をしています。ここで少しでも打ち解けないとこの後の作業もなかなかうまくいきません。そのため、 自己紹介 にはしっかり時間をとっています。

有澤建設から高校生の皆さんへ質問 :事前授業の内容や調べてきたこと、どんな目的でフィールドスタディに来られたかを確認する時間です。教材でこういうことを身につけてほしいと思っていても、本人の考えていることは様々です。生徒さんの想いや考え方を聞いて、できるだけその想いに答えられるようにしていきたいと考えています。

会社紹介:会社情報については事前に調べてこられているので、HPに載っていないような竣工物件の説明を質疑応答の形式で答えていきます。

サプライチェーン紹介 :建設業のサプライチェーンを現場監督から説明してもらいますが、他業種に比べ非常に複雑なサプライチェーンになっている建設業。短時間で理解するのはなかなか難しい。そこで、建設の一つの工程をピックアップし、高校生の皆さんと一緒に考えるというワークショップを行っています。

福岡中央高等学校の皆さんには2グループに分かれて頂き、ゲーム形式で「鉄筋」と「型枠」のサプライチェーンを辿って頂きました。それぞれの代表に考えたサプライチェーンを発表してもらいます。今回は型枠に使う「釘」のサプライチェーンまで考えてくれた 「型枠」チーム に軍配が上がりました。

休憩を挟みながら、最後の座学。当社が取り組むSDGs活動の紹介建設業が抱える課題をご紹介します。長い座学はこれで終わり!最後に現場見学に行きます。

工事現場のそばは通っても、まじまじと中の様子は見にくいもの。今回は現場監督の解説付きでまじまじと見て頂きます。先ほどワークショップでサプライチェーンをみてきた「鉄筋」と「型枠」の実物を見て頂いております。やはりスライドで見るより、実物の大きさには圧倒されます。さらにその大きな型枠を職人さんたちが軽々と持ち上げている様子は、見ているだけで感動。

最後はみんなと集まって感想を一言ずつ聞いていきます。本当に感じた素直な意見を聞けるので、毎度やっていてよかったと感じるひとときです。

まだどんな仕事をしたいかなど考えるには早いのかもしれませんが、 ものが手元に届くまでの膨大な過程に触れることで感じたことを大切にしてほしいと願います。

Contact

お問い合わせ

お気軽にご相談・
お問い合わせください。

TEL 092-433-1811 
受付時間:平日 8:30〜17:30

Contact