当サイトを最適な状態で閲覧していただくにはブラウザのJavaScriptを有効にしてご利用下さい。
JavaScriptを無効のままご覧いただいた場合には一部機能がご利用頂けない場合や正しい情報を取得できない場合がございます。
お問い合わせ

information

最新情報

最新情報

information

最新情報

Topics

スタッフ日記

椅子の話

こんにちは。総務部に1月に入社しました小川です。

あれよあれよと時が過ぎ、あっという間に3カ月目に突入しようとしております。

早く社員のかゆいところに手が届くような仕事ができるようになりたいです!

がんばります!

 

今回はインテリアにおいてとても大事な役割を持つ「椅子」についてお話しようと思います。

皆さんは、お家や会社にお気に入りの椅子はありますか?

 

1.jpg


実は家具の中でも椅子は、「ストーリーを持つ」ものがとても多いです。

見た目は座面があって足があって、背もたれがあったりなかったりと、単純な構造に見えますが、

デザインをとれば座り心地や使い勝手が悪くなり、座り心地をとればデザインがいびつになってしまうのです。

ずーっと昔から、デザインと座り心地使い勝手を両立した椅子の開発がすすめられてきました。

 

そうやって、有名な椅子が誕生し、今も尚愛され続けているものが多くあるのです。

2.jpg

 

そして、有澤建設にはそんな有名な椅子がちらほらとあるのです!

いくつかご紹介します。

 

☆【アントチェアin会長室】

 

3.jpg


私がまず着目したのは会長室の丸テーブルを囲んでいるアントチェアです。

 

<アントチェア(ブランド名:Fritz Hansen)>

1952年 アルネ・ヤコブセン(デンマーク)により設計。

アルネ・ヤコブセンはデンマークを代表する建築家・デザイナーです。余計な装飾はされずに、使い手を第一に考えた世界中で愛される名作家具を数多く世に残しています。

アントチェアは薄い合板を曲げて造るという当時としては高い技術が使われました。

座ると体重で合板がしなるのが気持ち良いです。

ありんこの形に似ているのでアントチェア。(別名ありんこチェアとも呼ばれます。)

なんと、もともと最初にデザインされたアントチェアは「3本足」でした!

アルネ・ヤコブセンは言いました。「4本目5本目は自分の足があるじゃないか。」

4.jpg

 

☆【serie UP 2000 in応接室】

5.jpg

応接室の角にオットマンが展示されています。

 

 

 

6.jpg

 

 

 

<serie UP 2000(ブランド名:B&B ITALIA)>

1969年 ガエタノ・ペシェ(イタリア)により設計。

このユニークな形のコンセプトには諸説あります。

(1)母体と繋がった子供

丸のボールが子供で、ゴムの紐が胎盤を表現しています。

(2)女性解放

イタリアでは女性を家庭に縛ることが多く、女性の社会進出を促すことをイメージ

しています。本体の女性と重いおもりで繋がれた女性を表現しています。

 

現在、商品としてはB&B Italla社が販売しておりますが、日本国内のB&B Italla Japan社では未輸入だそうです!!レアですね!!

 

☆【292 HILL HOUSE ラダーバックチェア in総務部横】

7.jpg

ひっそりと総務部の横にたたずんでいます。

 

<292 HILL HOUSE(ブランド名:Cassina ixc.)>

1890年後半から1900年前半に チャールズ・レニー・マッキントッシュ(スコットランド)により設計。

マッキントッシュは19世紀末から20世紀初めに起こった「アールヌーヴォー(ヨーロッパで開花した国際的な美術運動で『新しい芸術』を意味します。)」の提唱者の一人で、

デザイン・アートの展覧会を数多く開き、名声を確立させました。

スコットランドの100ポンド紙幣に肖像が使用されています。

 

このチェアのオリジナルは今なお、彼が建築したアイスランドのヒルハウスホテルの寝室に置かれています。

その極端なまでのハイバックとデザインから感じられる抽象的な装飾は、この椅子を座るためだけでなく、観賞するためのものとしても考えたマッキントッシュの意図がうかがえます。また最上部の格子に繋がっていく姿には、日本的な美しさも感じられます。

 

8.jpg

 

 

 

 

このように有澤建設にはレアな家具がたくさんありました!

他にもあったのですが書ききれないので今回はここまで。。。

 

椅子の奥深さを知って頂けたらうれしいです!

 

お気に入りの一脚を見つけて、長ーく大切に愛用していきたいですね!


 

 

 

Contact

お問い合わせ

お気軽にご相談・
お問い合わせください。

TEL 092-433-1811 
受付時間:平日 8:30〜17:30

Contact